別れさせ屋の本当のこと

別れさせ屋ってなんなのか

別れさせ屋ってなんなのか。その辺の事をまず説明しちゃうね。

別れさせ屋のすすめ。

別れさせ屋とは、文字通り「別れさせ」をサービスとしてして提供している会社だ。厳密には、別れさせ屋は別れさせ屋株式会社のことで、その他の別れさせ業者は、それぞれの名前があると思うんだけど、このサイトでは、別れさせ屋・別れさせ業者として紹介したいと思う。

別れさせ屋が提供しているのが別れさせ工作、別れさせ業者が提供しているのが別れさせ行為とかいったりするから、若干ややこしい。

別れさせ工作も別れさせ行為サービスも、基本的には、「依頼者の要望にそって、二人の関係を別れさせる」というのが仕事になる。
※ここで一応明確に分けているのは、「別れさせ屋」や「別れさせ工作」という名前が別れさせ屋株式会社の登録商標だからだ。他の会社がこの名前を無断で法律違反な感じで使っているとちょっとおかしいね。

「依頼者の要望にそって、二人の関係を別れさせる」という内容だけど、このポイントは二つある。

ひとつは、「二人」の部分。そしてもう一つは「別れさせる」ってところ。

まず二人のところだけど、これは、自分のもともと付き合ってた人と今の恋人を別れさせたい、不倫相手別れさせたいという他人の二人の場合もあれば、自分自身が誰かと別れたいということもある。
自分の別れなら自分で言えばいいじゃんということも思うかもしれないけど、社会のしがらみとか、相手が偏狂的になったりとかして、なかなか別れてくれないってことは人生であるものだ。

そういうときに、第三者の力をかりて、関係を清算する、別れさせるというのが、別れさせ屋や別れさせ業者が行っているサポートサービスだね。

でも必ず別れさせることができるか?というとそういうわけでもない。また、へんな別れさせ方では恨みを買ったりしてそういうのは避けないといけない。

相手が別れに納得するように、他の人へ気持ちを持って行ったり、別れざるを得ない事実を突きつけたり、そういう探偵的であったり心理カウンセリング的だったりする一連の業務が、別れさせ工作とか別れさせ行為ってわけだね。

別れさせ屋・別れさせ業者の進め方

では別れさせ屋はどうやって相手を別れさせるんだろう。

間違った方法は、まず、いきなり相手に働きかけようとすること。短絡的でダメな例だね。いきなり行っても不審人物だし、禍根を残してよけい事態が悪化したりしかねない。

まず重要なのは、現状の把握と分析だ。別れさせたい相手をちゃんと把握して、隠された事実や性格、行動を把握することが重要だ。人はだれでもいろいろな立場毎に自分を作っていてそういうのをペルソナっていうんだけど、恋人との自分、友達との自分、あまり親しくない知り合いとの自分、会社での自分とかいろいろ、言葉遣いや行動がちょっとずつ違っていたりする。

別れさせ工作では、こういう違いを把握して相手の行動原理や思考、気持ちを変えていったりする。そのポイントを調査して見極めるのが業者とか担当者の専門性の違いって感じだね。

別れさせ屋に依頼するのってどんな人?

依頼人が別れさせ屋に別れさせを依頼するとき、大抵は別れさせた後に見ている未来があるものだね。

不倫をやめさせて、幸せな家族を取り戻したい。恋人を取り戻したい。破綻した夫婦関係を清算して、新しい幸せを手に入れたい。とか。

「別れさせ」って聞くとダークでまっ黒な感じだけど、いままでの依頼で「別れさせること」が最終目標でそれをすれば満足って事はほとんど無くて、最終的には復縁とか、平穏な日々とか、新しい出会いとかそういうのが本当の目的なんだよ。

だから、単に別れさせます。って業者だけだと、依頼が終わった後でもなんか足りなくて、ぽっかり心が空いたりしちゃう。別れさせを依頼するときは自分の未来を考えて、その未来をちゃんと別れさせ屋とかの別れさせ業者に説明することが重要だね。

逆に、そういったことをちゃんと聞いてこない業者は、単にお金としてしかあなたのことを見ていないってことだから、絶対に避けないといけないね。

(Visited 37 times, 1 visits today)

別れさせ屋の本当のこと別れさせ屋ってなんなのか。

元別れさせ屋の工作員が語る、別れさせ工作の手法とは!? – 別れさせ屋のススメ

別れさせ屋の本当のこと別れさせ屋ってなんなのか。

この別れさせ屋のススメは元別れさせ工作員のササキが元居た古巣「別れさせ業界」のことを書いてます。別れさせ屋はちゃんとした会社とやばい会社(そもそも会社を装って会社じゃ無いところも)。そうところの違いの見分け方とか、別れさせ業界とかについて書いてます
「別れさせ屋」「別れさせ工作」は別れさせ屋株式会社の登録商標です。別れさせ屋のススメでは、別れさせ屋株式会社が利用の許可を貰ってます。